にしむら新聞.NET

その他ニュース

さくらちゃんが行く…大泉さんぽ 6

2018年12月4日


今回、さくらちゃんは東大泉7丁目の石庭の森緑地にやってきました。さくらちゃんの周りの敷石は特徴的。みな丸くて穴が開いています。これはかつての郵便ポストの台座として使用されていたものなのです。今では懐かしい丸形ポスト。こんなところにも有効活用されていたのですね。

竹林の間に見える不思議なかたまり。これは何でしょう?これは「蛇籠(じゃかご)」と言って金網の中に石を詰めたものです。その隙間に昆虫や小動物が棲みついて、やがて昆虫を求めて野鳥も集まるとのこと。

中の石は敷地内の石壁や玉石をリサイクル。金網部分は、かつて竹や藤つるで籠を編まれていたそうです。別名「ふとん籠」とも呼ぶそうですが、人の知恵と自然が合わさった、まさに生き物を育む自然のおふとんですね。

 

次回はお客様と一緒に秋の練馬春日町と光が丘へおさんぽに行きます!

楽しみだなぁ。

にしむら新聞一覧へ

page top