にしむら新聞.NET

もうすぐ1年!活躍中です

賃貸営業部 2022年5月13日

昨年入社した3名の”今”をチームリーダーよりご紹介します。 佐々木 優香 お客様の反響応対・案内の他に、退去リフォーム、更新契約など幅広く業務を行っています。案内ではコロナ禍に対応したスマートフォンを…

続きを読む

幸田昌則氏 不動産市場2022年新春セミナーご報告

ホットニュース 2022年5月6日

~不動産市況の概要~ 2年近くに及ぶコロナ禍による経済的な打撃は大きく、早期回復は難しい状況にあります。コロナ禍を追い風にして業績を伸ばした企業・業種はあるものの、人々の外出制限による経済活動の停滞の…

続きを読む

成人年齢引き下げで賃貸契約はどう変わる?

その他ニュース 2022年4月22日

民法改正により令和4年4月1日から成人年齢が18歳となります。法律上は18歳であれば親の承諾がなくても賃貸契約が可能になりました。 借主は家賃を支払いできる安定的な収入があり、共同生活のルールを守れる…

続きを読む

ご挨拶 ~第50期を迎えるにあたって~

ホットニュース 2022年4月11日

厳しい寒さからようやく春を感じる季節となりました。お元気でいらっしゃいますか。お陰さまで、当社は今年4月に50期を迎える事となりました。これもひとえに私たちを支えて下さったお客様や関係する皆様のお陰で…

続きを読む

再び家族信託のお話

ホットニュース 2022年3月28日

実は、にしむら新聞に「認知症関連の記事」を何回か掲載しましたところ、ご覧になった方々からのお尋ねが多く寄せられました。 そこで、当社では『はじめての家族信託』の著者で、この道の第一人者である、吉祥寺に…

続きを読む

家族信託について

ホットニュース 2022年3月21日

前回は、「認知症になると不動産の売却が出来ません」とお知らせしました。ではどうしたらよいのか、ということで登場するのが、「家族信託」という仕組みです。仕組みの結論は ①親が認知症になっても資産凍結され…

続きを読む

認知症になると不動産取引ができません

ホットニュース 2022年3月14日

NHKWEBニュースでは、認知症高齢者所有の住宅が全国に221万戸余りあり、売却困難なケースが増えると報道しており、全国にある住宅のおよそ30戸に1戸に当たるそうです(第一生命経済研究所推計)。 また…

続きを読む

認知症の親と成年後見人

ホットニュース 2022年3月7日

「 成年後見人制度」はまだ使い勝手が悪い? 認知症とはあくまで症状であって、脳に障害を与える病気や怪我が原因で起こります。 成年後見人制度とは 簡単に言えば、判断能力が衰えた人を支援する国の制度です。…

続きを読む

確定申告と事業継承 

その他ニュース 2022年2月28日

確定申告は税理士さん任せ、という方が多いと思います。しかし、将来事業を継承させたいとお考えの大家さんは、この確定申告の時期に「息子さん娘さんと一緒に賃貸経営」を学んでもらう絶好のチャンスです。 理由は…

続きを読む
1 / 6212345...102030...最後 »

page top